FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探偵ガリレオ (文春文庫)探偵ガリレオ (文春文庫)
(2002/02/10)
東野 圭吾

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。

ドラマ化もされた小説
ロジカルな思考の主人公湯川教授は、森博嗣の書く犀川先生と同じように好きなタイプではありますが。

大きな違いは、後者は話を聞いただけで、既に答えを知っていたかのように謎を明らかにするが、湯川教授は理論を実験で実証してみる点

まあ、思考に大きな違いはないものの、実践するか頭の中のシミュレーションのみで済ませてしまうかは、物語の雰囲気に大きく影響しており、よりガリレオのほうがドラマ向きといったところです。

トリックに無理があるように感じるのは、ガリレオに活躍してもらうためには仕方のないところなのです。

FC2blog テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2010/05/12 06:08】 | 小説 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。