FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本辺境論 (新潮新書)日本辺境論 (新潮新書)
(2009/11)
内田 樹

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
日本人とは辺境人である―「日本人とは何ものか」という大きな問いに、著者は正面から答える。常にどこかに「世界の中心」を必要とする辺境の民、それが日本人なのだ、と。日露戦争から太平洋戦争までは、辺境人が自らの特性を忘れた特異な時期だった。丸山眞男、澤庵、武士道から水戸黄門、養老孟司、マンガまで、多様なテーマを自在に扱いつつ日本を論じる。読み出したら止らない、日本論の金字塔、ここに誕生。

他国の人はどうだか知らないが、日本人という人種は「日本人論」が好きだと思う。
特に、日本人が書く日本人論が。

具体性にかけるが、他国の人の書く日本人論は、批判についても賛辞についても、どうも日本人的にしっくり来ないことが多い気がする。民族性の違いか何なのか説明するのもめんどくさいけれど。

しかし、日本人の書く日本人論は、同じ日本人の文章だからなのか、思考の方向性があわせやすいのか「わかるところもある」ことが多い。
どっちにしても気分的なものでしかないけど。

この著者の書く日本人論も、今まで書かれてきたもののひとつでしかなく特に目新しいことは書かれていない。

日本はもともと地政学的にも実質地理的にも辺境に位置しており、それが日本人の世界観をかたちづくっている。というのは、漠然と誰もが認識していることではないだろうか。

中には常に日本は世界の中心だという、天動説的な考えを持っている方もいるのではあろうが、それはそれでそうですかということで。ひとまず脇においておいて。

「日本文化というのはどこかに原点や祖形があるわけではなく、「日本文化とは何か」というエンドレスの問いの形でしか存在しない」という、著者が最初に結論付けた言葉にもあるとおり、日本民族がこういった性質を持っていることは否定しない。

ただ、いろんな日本人論があるとおり、どれも多面的な性質の一面を切り取り論じているだけで、この思考が著者のすべてだと批判するのも変だし、絶賛するのもどうかと。

あくまでも、こんな日本人論もありということでよいのではないでしょうか。


FC2blog テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

【2010/07/30 06:07】 | 社会・人文 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。