FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンジュール―ある犬の物語アンジュール―ある犬の物語
(1986/05)
ガブリエル バンサン

商品詳細を見る


50枚以上の鉛筆デッサン以外、文字は一文字もない絵本です。

だからこそなのか、犬の走る姿や表情、バランスよく配置される空白から
泣き声や走る音だけでなく、心の音まで聞こえてくるような圧力を感じるときがあります。

さ迷い歩く犬の心に十二分に浸った後、少し寂しげな目をした少年との出会いが、じんわりと暖かく感じるのは自分だけでしょうか。

FC2blog テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

【2010/05/31 06:06】 | 絵本・写真 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。