FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の「ダメ英語」を叩きなおす日本の「ダメ英語」を叩きなおす
(2008/02)
平岡塾

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
あなたの「日本語力」があなたの「英語力」を決定する。なぜ日本人は英語が苦手なのか。どうすれば本物の英語力が身につくのか。英語を真剣に学びたい人におくる、英語学習の王道。

ただ、軽いあいさつやおしゃべりをする場合と、議論したり業務について内容を詰める場合などとは、おのずと言葉が違ってくることがある。
さらっと読んで感じたのは、当たり前のことだが、時と場合に応じた深い話し合いを外国語でできるようにするためには、この本程度のことは踏まえたうえで外国語を学んでおけということなんだろうな、という点だ。

外国語に限らず、言葉を使うものとして、言葉を学ぶ際に必要な姿勢を示して、どう取り組んでゆくのか、と。
決して平岡塾紹介の分厚いパンフレットではありえない。

以下メモ
・日本人が英語を真剣に習得するつもりであるならば、母語である日本語力を鍛えつつ、基本の反復を通じて英語の型を身につけなければならない

・スポーツでも音楽でも同じように、ある技芸を本格的に修めるための基本は「模倣と反復」

・正しい手本を徹底的に反復して基本の型を体に覚えさせない限り、他者が表現したものを吟味したり、批判的・分析的に解釈できるようにはならない、まして、個性・独創性を表現することはできない

・自分の出せない音声は聞き取れない。「聴く」ことと「話す」ことは強い相関関係を持ち互いにフィードバックした関係を持つ (教材Jazz Chant)
Jazz Chants Old And NewJazz Chants Old And New
(2000/11/09)
Carolyn Graham

商品詳細を見る


・読解四則
 「前から読む」
 「前置詞+名詞は(  )で包む」
 「andが何と何を結んでいるかをチェック」
「カンマとカンマの間は挿入句、とりあえず無視」

・徹底的な例文の暗誦
 4日で1,000題 体で覚えてもらう

・書ければ話せる
英文を書く訓練は、和文英訳が中心(高校2年まで)
日本語と英語の単語の意味は一対一に対応していない
言い換え(和文和訳(訳しやすく)してから英訳)
コロケーション(文や句における慣用的なつながりは守ることが必要、直訳では間違う)

・一日で単語をどれだけ覚えられるかやってみる
1000語できるなら自信がつく、忘れても繰り返し覚えることで定着する


FC2blog テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2010/05/05 06:08】 | 趣味・実用 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。