FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境保護運動はどこが間違っているのか? (宝島社新書)環境保護運動はどこが間違っているのか? (宝島社新書)
(2007/06)
槌田 敦

商品詳細を見る

本書では、「地球にやさしい」が大好きな人たちのいわゆるリサイクル運動が、自然の活動の原則を無視した、政治的かつ非有効的なものだと指摘しています。

「資源やエネルギーをよけいに使ってしまうリサイクルなら、やらないほうがいい、そういう場合はゴミとして焼却した方がいい」

「ゴミになって困るものは、そもそも使ってはいけない。分別するなら資源を使う前にするべき、ゴミなってから分別しても手遅れ」といった作者の言葉は確かに一理ある。

今は、この本が書かれた時期よりも、エコが世間に広まってます、でも、「地球にやさしい」というキャッチフレーズ自体が、何か他人事に力を貸してていい気持ちになるフレーズですよね。

「自分たちの生きる環境を守る」と正しくいうべきなのになあ。。。と、いつも思います。

もともとできたての地球は生命なんていない劣悪な?環境だったんですから。
それでも平気なんです。地球って。

なんか話がそれてしまいますが、地球にやさしい」、「みんなで減らそうCO2」とかって胡散臭いって思ってしまう自分がいる。

最近のエコは儲かるからやってるんですよね。ってつい言ってしまう。
そんな人ばっかりじゃないんですけどね。

そんなことをふと考えることができる人、読んでみてください。

FC2blog テーマ: - ジャンル:本・雑誌

【2010/04/20 06:06】 | 科学 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。