FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


黒猫の三角 (講談社文庫)黒猫の三角 (講談社文庫)
(2002/07/16)
森 博嗣

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
一年に一度決まったルールの元で起こる殺人。今年のターゲットなのか、六月六日、四十四歳になる小田原静子に脅迫めいた手紙が届いた。探偵・保呂草は依頼を受け「阿漕荘」に住む面々と桜鳴六画邸を監視するが、衆人環視の密室で静子は殺されてしまう。森博嗣の新境地を拓くVシリーズ第一作、待望の文庫化。

だいぶ前に読んだので、細かい内容は忘れてしまったが、このシリーズ、探偵が主役と思っていたらそういうわけではなく、にぎやかしに出てくる大学生たちと紅子さんが探偵役立ったのね。というミスリードを誘うお話。

それなりに楽しめるのだが、学生さんたちの一見無駄と思えて実はまったくの無駄な事件の真相解明議論はあまり面白くなかったのを覚えている。

S&Mシリーズとつながりがなければ読んでなかったかもしれません。

FC2blog テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

【2010/08/31 06:03】 | 小説 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。