FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12番目のカード12番目のカード
(2006/09)
ジェフリー ディーヴァー

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
ハーレムの高校に通う十六歳の少女ジェニーヴァが博物館で調べものをしている最中、一人の男に襲われそうになるが、機転をきかせて難を逃れる。現場にはレイプのための道具のほかに、タロットカードが残されていた。単純な強姦未遂事件と思い捜査を始めたライムとサックスたちだったが、その後も執拗にジェニーヴァを付け狙う犯人をまえに、何か別の動機があることに気づく。それは米国憲法成立の根底を揺るがす百四十年前の陰謀に結びつくものだった。そこにジェニーヴァの先祖である解放奴隷チャールズ・シングルトンが関与していたのだ…。“百四十年もの”の証拠物件を最先端の科学捜査技術を駆使して解明することができるのか?ライムの頭脳が時空を超える。

140年前の黒人公民権運動にまつわる謎を横軸に、現在の事件を解決しつつ140年前の謎を解くストーリー
最後のどんでん返しはやりすぎと思うか、まあそこまでやるかと許容するかは個人の好みでしょう。
作者はここまでやりたかったんだな、と思うことにします。

これだけ続いてくると、登場人物の状況は大きく変えづらくなりますが、そこはそれ前向きな方向というのはやはりよいものです。

FC2blog テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2010/06/25 06:09】 | 小説 トラックバック(0) |

表紙を見て・・・
igaiga
この本の表紙を見て読みたくて読みたくて仕方ない状態なのですが、シリーズモノと知り1作目の「ボーンなんとか?? ^^;」から読まないとダメなんだよな~と躊躇してます。
でもかなり興味があるシリーズなので是非読もうと思います(^^)

ボーン・コレクターはお勧めですよ
やまだな
igaigaさん
シリーズものですけど、基本その巻で完結してますのでどの話から読んでも大丈夫ですよ。
順番に読まなくても、そんなに違和感はないと思います。
ただ、興味があるのでしたら、やはり一作目のボーン・コレクターもぜひ読んでください。
こちらはお勧めです。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
表紙を見て・・・
この本の表紙を見て読みたくて読みたくて仕方ない状態なのですが、シリーズモノと知り1作目の「ボーンなんとか?? ^^;」から読まないとダメなんだよな~と躊躇してます。
でもかなり興味があるシリーズなので是非読もうと思います(^^)
2010/06/28(Mon) 11:21 | URL  | igaiga #jWiXvKEs[ 編集]
ボーン・コレクターはお勧めですよ
igaigaさん
シリーズものですけど、基本その巻で完結してますのでどの話から読んでも大丈夫ですよ。
順番に読まなくても、そんなに違和感はないと思います。
ただ、興味があるのでしたら、やはり一作目のボーン・コレクターもぜひ読んでください。
こちらはお勧めです。
2010/06/29(Tue) 22:14 | URL  | やまだな #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。