FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スリーピング・ドールスリーピング・ドール
(2008/10/10)
ジェフリー ディーヴァー

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
キャサリン・ダンス―カリフォルニア州捜査局捜査官。人間の所作や表情を読み解く「キネシクス」分析の天才。いかなる嘘も、彼女の眼を逃れることはできない。ある一家を惨殺したカルト指導者ダニエル・ペルが、脱獄、逃走した!捜索チームの指揮をとるのはキャサリン・ダンス捜査官。だが、狡知な頭脳を持つペルは大胆に周到に裏をかき、捜査の手を逃れつづける。鍵を握るのは惨殺事件の唯一の生き残りの少女テレサ。事件について何か秘密を隠しているらしきテレサの心を開かせることができるのは、尋問の天才ダンスしかいない…。ハイスピードで展開される逃亡と追跡。嘘を見破る天才ダンスvs他人をコントロールする天才ペルの頭脳戦。「言葉」を武器に悪と戦うキャサリン・ダンスの活躍を描くジェフリー・ディーヴァーの最新作。ドンデン返しの魔術師の超絶技巧がまたも冴えわたる。

感情の動きによって現れる他人のしぐさや言葉から、 その意味するところを読み取り嘘を見破る“キネシクス”の エキスパート、キャサリン・ダンスシリーズの1作目

といっても一作目しか出ていませんが。
ライムシリーズ「ウォッチメイカー」で初出のキャサリンダンスですが、どちらかというと頭脳戦中心の展開にもかかわらず、飽きさせずに読ませます。

スリーピングドールの題名にもなっている少女については、確かに重要な展開を握るキーではあったものの、題名にまでする重要性があったかといえば。?が残る。
この辺は、作品イメージにもなるので仕方ないですが。

あと、次々と展開する新事実はよいのですが、最後の2つは必要だったのか疑問
アメリカ人は、よっぽどああいう展開が好きなんですかね。

キネシクスっていうのに興味を持った一作でした。

FC2blog テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2010/08/09 06:03】 | 小説 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。