FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デセプション・ポイント〈上〉 (角川文庫)デセプション・ポイント〈上〉 (角川文庫)
(2006/10)
ダン ブラウン

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
国家偵察局員レイチェルの仕事は、大統領へ提出する機密情報の分析。現在、ホワイトハウスは大統領選の渦中にあり、現職と争っている対立候補は、なんと彼女の父だった。選挙戦はNASAに膨大な予算を費やす現政府を非難し、国民の支持を集めている父が有利に進めていた。そんなある日、レイチェルは直直に大統領から呼び出される。NASAが大発見をしたので、彼女の目で確かめてきてほしいというのだが…。

さて、他の作品と同じ展開の理系ものNASA話です。
こういった作品は、作者がスタイルを固定しやすいのか、それとも意識的にやっているのか、読みなれてしまうと展開がわかってしまうのと、早い場面転換も麻痺してきてスピード感を感じなくなってくる気がします。

NASAが北極で発見した地球外生命体を含んだ隕石に関する謎解き、が話の軸になりますが、面白い薀蓄がありながらも、ダ・ヴィンチ・コードほど話に乗り切れないのは、どうしてもキャラがかぶってしまう内容のせいではないでしょうか。

これだけ最初に読めばそこそこ読めます。
ダン・ブラウンは続けて読むのはやめておいたほうがいいですね。

FC2blog テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2010/06/17 06:08】 | 小説 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。