FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


天使と悪魔(上)天使と悪魔(上)
(2003/10/31)
ダン ブラウン 越前 敏弥

商品詳細を見る


出版社/著者からの内容紹介
「ダ・ヴィンチ・コード」のラングドン・シリーズ第一作!
ハーヴァード大の図像学者ラングドンはスイスの科学研究所長から電話を受け、ある紋章についての説明を求められる。それは十七世紀にガリレオが創設した科学者たちの秘密結社“イルミナティ”の伝説の紋章だった。紋章は男の死体の胸に焼印として押されていたのだという。殺された男は、最近極秘のうちに大量反物質の生成に成功した科学者だった。反物質はすでに殺人者に盗まれ、密かにヴァチカンに持込まれていた―。

ヴァチカンで行われるローマ法王選挙の裏で、スイスの科学研究所が開発した新エネルギーをめぐって暗躍する方々と、謎は解くものの事件の発生は防げず追い詰められるままぎりぎりまで追い詰められる主人公
そして最後に何とかヒロインを救って事件も解決して終わり、という王道ストーリーではある。

宗教と科学の対立を軸にしているようで、とっつきにくい印象だが、文体は軽く何も知らなくたって十分に楽しめます。

この本を片手に、ヴァチカンを歩いても面白そう

FC2blog テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌

【2010/06/14 06:09】 | 小説 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。