FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボーン・コレクターボーン・コレクター
(1999/09)
ジェフリー ディーヴァー

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
骨の折れる音に耳を澄ますボーン・コレクター。すぐには殺さない。受けてたつは元刑事ライム、四肢麻痺―首から下は左手の薬指一本しかうごかない。だが、彼の研ぎ澄まされた洞察力がハヤブサのごとく、ニューヨークの街へはばたき、ボーン・コレクターを追いつめる。今世紀最高の“鳥肌本”ついに登場!ユニヴァーサル映画化!「リンカーン・ライム」シリーズ第一弾。

第一弾ですから当然、ライムとサックスペアの初めての事件
最初は反発しあっていた二人が、捜査を続ける内に徐々に信頼関係が芽生え、徐々に真犯人に近づいてゆく
動けないライムと神出鬼没な犯人との頭脳戦
ライムとサックス、それぞれ静と動の登場人物に科学捜査の味付けをして、見えない敵を追いかけるもどかしさ

この本が初めて読んだ著者の作品だったが、そのジェットコースターとよばれる展開の速さや最後まで続くドンデン返しに、くらくらしてしまいました。

まだ一作目でもあり、二人の関係も始まったばかりで、二人の背景が多く語られるのもこれからといったところですが

シリーズとしても、単品としても楽しめる一作です。

FC2blog テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

【2010/06/10 06:01】 | 小説 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。