FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小飼弾の 「仕組み」進化論小飼弾の 「仕組み」進化論
(2009/03/19)
小飼 弾

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
従来の仕組みが壊れていく今、あなたは自分が「働いている」と言い切れますか?5年後、10年後のあなたの「居場所」をつくるためにすべての仕事を進化させる方法。


さて、文字が大きく、空白も多くとられ、大変読みやすい仕様になってます。

・新20%ルールとして、20%で現在の仕事をまわし、残りの80%で新しい仕組みを作る。
・プログラマの美徳は「怠慢」「短気」「傲慢」

など、目新しそうなフレーズが載っていますが
「仕事の八割は二割の人がこなしている」なんて以前から言われている2割8割の法則を言い換え、リソースを新しい仕組みや余力としてとっておこうという視点で味付けすれば表現できてしまったり。

「楽をするためなら、どんな労力も厭わない」とか「すぐやる課」など、いつごろから言われているかわからないような古くからの言葉を上手に言い換えて、先を見据えた対応を、という味付けをすると表現できてしまったり。

いかに相手をハッとさせ、イメージさせやすいコメントやキャッチフレーズが重要であるのか
そんなことを考えさせられる本でした。

内容は申し訳ないですが新鮮味はありません。
といっても、こういうビジネス本?自己啓発本?的な本を読んだことのない方には、大変お勧めだと思います。

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2010/07/05 06:06】 | ビジネス トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。