FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QED ベイカー街の問題 (講談社文庫)QED ベイカー街の問題 (講談社文庫)
(2003/09/12)
高田 崇史

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
シャーロキアンのクラブ「ベイカー・ストリート・スモーカーズ」のパーティーに出席した、桑原崇と棚旗奈々がまきこまれた連続殺人事件。しかも現場にはダイイング・メッセージが。現実の事件と「ホームズ譚」の謎が交錯する中、崇の推理がたどりついた真犯人とホームズの秘密とは?好調シリーズ第3弾


このQED(証明終わり)シリーズ、日本の歴史というか門俗学的な部分に焦点をあてつつ事件を解決するというお話なのですが。

この3作目に関しては、シャーロックホームズという実在ではない(はずの)人物について、一度完結したホームズ作品が再開した後、なぜ、ホームズがまったく人が変わったかのように描かれているのか、という謎が証明されている。

きっとこういう説はシャーロキアンと呼ばれる人たちの中で、異端であれなんであれ、数多く論じられた中の一つでしかないのでしょうが、話としては良く考えられており、もし、コナン・ドイルがそこまで考えて作品を書いたのであれば、驚嘆するほどの緻密さであると思うし、たくさん書いた作品が結果的にそう解釈できるようになっているだけだとしても、その作品たちのつむぎだす不思議に感じ入らずには入られない。

じゃあ、シャーロックホームズをよんでみようかな、と少し思ってしまうってことは、この小説は自分にとって魅力的な作品なんでしょうね。

FC2blog テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

【2010/05/18 06:06】 | 小説 トラックバック(0) |

QED
igaiga
こんにちは。
QEDシリーズ大好きで読んでいるのですが、世の中のシャーロキアンという人達って凄いんですね。
とりあえず、シャーロックホームズの作家はワトソンなんですよね。コナン・ドイルに関しては「何あれ?」的な言い方をしているなんて驚きでした。
ちゃんと読んだことがないのでホームズも読みたいんですよね(^^)
先日「ホームズ」の映画を見たとき(殴る蹴るが凄かった)もそう思ったのですが・・・なかなか読めてないです。

こんにちは
やまだな
igaigaさん
コメントありがとうございます。
そういえばワトソンが書いているんでしたね。
ホームズはじめ、読みたいと思っていて読んでいない本がどれだけ多いことか・・・

Q.E.D は古事記や日本書紀からはじまる日本の神話が主題となっていることが多くて好きです。
話のネタになった熊野や日光東照宮なども、改めて行ってみたいなあなどと思ったりします。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
QED
こんにちは。
QEDシリーズ大好きで読んでいるのですが、世の中のシャーロキアンという人達って凄いんですね。
とりあえず、シャーロックホームズの作家はワトソンなんですよね。コナン・ドイルに関しては「何あれ?」的な言い方をしているなんて驚きでした。
ちゃんと読んだことがないのでホームズも読みたいんですよね(^^)
先日「ホームズ」の映画を見たとき(殴る蹴るが凄かった)もそう思ったのですが・・・なかなか読めてないです。
2010/05/19(Wed) 08:32 | URL  | igaiga #6.AaZ5Pk[ 編集]
こんにちは
igaigaさん
コメントありがとうございます。
そういえばワトソンが書いているんでしたね。
ホームズはじめ、読みたいと思っていて読んでいない本がどれだけ多いことか・・・

Q.E.D は古事記や日本書紀からはじまる日本の神話が主題となっていることが多くて好きです。
話のネタになった熊野や日光東照宮なども、改めて行ってみたいなあなどと思ったりします。
2010/05/20(Thu) 18:29 | URL  | やまだな #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。