FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガリレオの苦悩ガリレオの苦悩
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
湯川の頭脳に挑戦してくる犯人たち。科学を殺人の道具に使う人間は許さない―絶対に。

ガリレオシリーズ短編集の第三弾。
 
特に、ガリレオの恩師との対決を描いた第2章の「操縦る」と、
元科学者の予告殺人犯との対決を描いた第5章の「攪乱す」では、
今まで感情が露呈することの少なかったガリレオこと湯川学の人間的苦悩が、
従来の論理的で無機質なガリレオシリーズの世界観に人間味のようなものを与えていて、
小説としての魅力が一層増している。
 
この辺の湯川学の人間味を織り交ぜた作風は
「容疑者Xの献身」から受け継がれたような印象があり、
まさにガリレオの苦悩というタイトルどおりの読後感がある。
 
短編なのでテンポ良く読めるし、
それぞれの物語の中に凝縮された展開を存分に味わうことができる。
ガリレオシリーズの短編集の中では最も面白いと思う。
ガリレオの苦悩ガリレオの苦悩
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
湯川の頭脳に挑戦してくる犯人たち。科学を殺人の道具に使う人間は許さない―絶対に。

シリーズ短編集の第三弾。
今まで感情的な面の描かれることのなかった湯川先生の苦悩が描かれ、無機質な感じのガリレオシリーズに、人間的奥行きが感じられるようになった。

おそらくシリーズとして定着してきたことと、長編「容疑者Xの献身」で湯川先生の内面を描かざるを得なかった点、そして何より著者自身が登場人物に何らかの愛着を持つようになったからではないだろうか。

まあ、テレビドラマにも映画にもなったことで、一般の方もガリレオのキャラクタをイメージしやすいわけですし。 
 
そういう意味では、こなれてきたガリレオ短編集、一番読みごたえはあるでしょう。


追記を閉じる▲
ガリレオの苦悩ガリレオの苦悩
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
湯川の頭脳に挑戦してくる犯人たち。科学を殺人の道具に使う人間は許さない―絶対に。

シリーズ短編集の第三弾。
今まで感情的な面の描かれることのなかった湯川先生の苦悩が描かれ、無機質な感じのガリレオシリーズに、人間的奥行きが感じられるようになった。

おそらくシリーズとして定着してきたことと、長編「容疑者Xの献身」で湯川先生の内面を描かざるを得なかった点、そして何より著者自身が登場人物に何らかの愛着を持つようになったからではないだろうか。

まあ、テレビドラマにも映画にもなったことで、一般の方もガリレオのキャラクタをイメージしやすいわけですし。 
 
そういう意味では、こなれてきたガリレオ短編集、一番読みごたえはあるでしょう。

FC2blog テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2010/05/19 06:03】 | 小説 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。